0グループポリシーのロゴのWindows Server用のカスタムADMファ​​イル 2003 / XPのドメイン

私は古いバックアップスルーDIGエージングした CD 今日は、私は、Windows Serverを管理されたときに、私が作成したカスタムADMファイルつまずい 2003 / ウィンドウズXPのドメイン. 使用するには, ノートパッドにFOL低INGコードをコピー, ドメインサーバーのsystem32フォルダ上の.adm拡張子を持つファイルを保存します. グループポリシーエディタを開き、ファイルを追加, 次に、「技術者設定」を参照して、任意の設定を有効にします.


以下を含むマシンとユーザーの設定があります…
EZ-GPOユーティリティを有効にします
シナプティクスタッチパッドの感度の修正
多くのスタートアップアプリケーションを無効にする
多くの不要なサービスを無効にする
コントロールWindowsは、ウイルス対策INCています, メッセンジャー, エラー報告, CD-ブリューニング
メディア・プレーヤー - 自動アクションを無効にします
Java設定
アドビの設定
大胆な設定
SmartBoardの設定
WindowsDefenderの設定
InternetExplorerの設定
スクリーンセーバーの設定

[XML];;;;;;;;;;;;;
クラスマシン
;;;;;;;;;;;;;

カテゴリ「技術者設定」
カテゴリー !!EZ_GPO
ポリシー !!BASE_CFG
キー名「SoftwarePoliciesTerraNovumEZ_GPO」
説明 !!BASE_CFG_EXP
パート「電力管理設定スキーマ」ドロップダウンリストが必要
VALUENAME「SettingsScheme」
アイテムリスト
名前 !!SettingsSchemeSimpleIndexVALUE「シンプル」デフォルト
終了アイテムリスト
エンドパート
パート「電力管理設定スキーマメジャーバージョン」必要な数値
VALUENAME「MajorVersion」
ディフォルト 2
最小1
MAX 100
エンドパート
パート「電力管理設定スキーママイナーバージョン」必要な数値
VALUENAME「MinorVersion」
ディフォルト 0
最小0
MAX 99
エンドパート
パート「制御変数 [変更しないでください]”必要なドロップダウンリスト
VALUENAME「コントロール」
アイテムリスト
NAME「制御変数 [変更しないでください]” VALUE“ベリファイ”デフォルト
終了アイテムリスト
エンドパート
ポリシーの終了
ポリシー !!オプション
キー名「SoftwarePoliciesTerraNovumEZ_GPOOptions」
説明 !!OPTIONS_EXP
パート「すべてのマシンでスタンバイを強制的に設定する」チェックボックス
VALUENAME「強制スタンバイ」
VALUEON NUMERIC 1 ;スタンバイフラグを強制する
バリューオフ数値 0
エンドパート
ポリシーの終了
ポリシー !!SETTINGS_SCHEME_SIMPLE
キー名「SoftwarePoliciesTerraNovumEZ_GPOSimple」
説明 !!SETTINGS_SCHEME_SIMPLE_EXP
パート「ACユーザーモニタータイムアウトなし」数値が必要
VALUENAME「ACUserMonIdleTime」
ディフォルト 10
最小0
MAX 300
エンドパート
パート「ACユーザーシステムスタンバイタイムアウトなし」数値が必要
VALUENAME「ACUserStandByIdleTime」
ディフォルト 15
最小0
MAX 300
エンドパート
パート「ACユーザー休止タイムアウトなし」数値が必要
VALUENAME「ACMachHibernateIdleTime」
ディフォルト 30
最小0
MAX 300
エンドパート
パート「DCユーザーモニタータイムアウトなし」数値が必要
VALUENAME「DCUserMonIdleTime」
ディフォルト 2
最小0
MAX 300
エンドパート
パート「DCユーザーシステムスタンバイタイムアウトなし」数値が必要
VALUENAME「DCUserStandByIdleTime」
ディフォルト 5
最小0
MAX 300
エンドパート
パート「DCユーザー休止タイムアウトなし」数値が必要
VALUENAME「DCMachHibernateIdleTime」
ディフォルト 10
最小0
MAX 300
エンドパート
ポリシーの終了
カテゴリを終了 ; EZ_GPO
カテゴリー「ハードウェア」
ポリシー「タッチパッド感度の修正」
キー名「SOFTWARESynapticsSynTPDefaults」
VALUENAME「自動再調整」
VALUEON NUMERIC 1
バリューオフ数値 0
ポリシーの終了
カテゴリを終了
カテゴリー「スタートアップ」
;完全に管理されていない
ポリシー「スタートアッププログラムを無効にする」
キー名「ソフトウェアMicrosoftWindowsCurrentVersionRun」
パート「D-Linkワイヤレストレイ」チェックボックス
VALUENAME「D‑LinkAirPlusG」
VALUEON DELETE
VALUEOFF「%ProgramFiles%D‑LinkAirPlusGAirGCFG.exe」
エンドパート
パート「D‑Link WirelessConfigUtil」チェックボックス
VALUENAME「ANIWZCS2Service」
VALUEON DELETE
VALUEOFF「%ProgramFiles%ANIANIWZCS2ServiceWZCSLDR2.exe」
エンドパート
PART「InstallshieldUpdates」チェックボックス
VALUENAME「ISUSPMスタートアップ」
VALUEON DELETE
VALUEOFF“%ProgramFiles%Common FilesInstallShieldUpdateServiceisuspm.exe ‑startup”
エンドパート
パート「InstallshieldUpdatesScheduler」チェックボックス
VALUENAME「ISUScheduler」
VALUEON DELETE
VALUEOFF“%ProgramFiles%Common FilesInstallShieldUpdateServiceissch.exe ‑start”
エンドパート
PART「同期マネージャー」チェックボックス
VALUENAME「同期マネージャー」
VALUEON DELETE
VALUEOFF“%SystemRoot%system32mobsync.exe / login”
エンドパート
PART「Belkinワイヤレストレイ」チェックボックス
VALUENAME「wltray.exe」
VALUEON DELETE
VALUEOFF「%SystemRoot%System32wltray.exe」
エンドパート
パート「Logitechソフトウェアアップデート」チェックボックス
VALUENAME「LogitechSoftwareUpdate」
VALUEON DELETE
VALUEOFF「%ProgramFiles%LogitechVideoManifestEngine.exe」
エンドパート
PART「Logitechカメラチェッカー」チェックボックス
VALUENAME「LogitechVideoRepair」
VALUEON DELETE
VALUEOFF「%ProgramFiles%LogitechVideoISStart.exe」
エンドパート
PART「Logitechカメラトレイ」チェックボックス
VALUENAME「LogitechVideoTray」
VALUEON DELETE
VALUEOFF「%ProgramFiles%LogitechVideoLogiTray.exe」
エンドパート
PART「LogitechCameraUtility」チェックボックス
VALUENAME「LVCOMSX」
VALUEON DELETE
VALUEOFF「%SystemRoot%LVCOMSX.exe」
エンドパート
パート「ノートンゴースト」チェックボックス
VALUENAME「NGClient」
VALUEON DELETE
VALUEOFF「%ProgramFiles%SymantecGhostngctw32.exe」
エンドパート
パート「Javaアップデート」チェックボックス
VALUENAME「SunJavaUpdateSched」
VALUEON DELETE
VALUEOFF「jusched.exe」
エンドパート
パーツ「ネロ」チェックボックス
VALUENAME「NeroCheck」
VALUEON DELETE
VALUEOFF“%SystemRoot%NeroCheck.exe”
エンドパート
パート「Nero#2」チェックボックス
VALUENAME「NeroFilterCheck」
VALUEON DELETE
VALUEOFF“%SystemRoot%NeroCheck.exe”
エンドパート
パート「 CD」チェックボックス
VALUENAME「InCD」
VALUEON DELETE
VALUEOFF「%ProgramFiles%AheadInCDInCD.exe」
エンドパート
PART「Quicktime」チェックボックス
VALUENAME「QuickTimeタスク」
VALUEON DELETE
VALUEOFF「qttask.exe」
エンドパート
パート「IntelVgaトレイアイコン」チェックボックス
VALUENAME「IgfxTray」
VALUEON DELETE
VALUEOFF「%SystemRoot%igfxtray.exe」
エンドパート
パート「IntelVgaトレイ#1」チェックボックス
VALUENAME「永続性」
VALUEON DELETE
VALUEOFF“%SystemRoot%igfxpers.exe”
エンドパート
パート「インテル VGA トレイ#2″チェックボックス
VALUENAME「igfxpers」
VALUEON DELETE
VALUEOFF“%SystemRoot%igfxpers.exe”
エンドパート
PART「IntelHotkeys」チェックボックス
VALUENAME「HotKeysCmds」
VALUEON DELETE
VALUEOFF“%SystemRoot%hkcmd.exe”
エンドパート
パート「IntelHotKeys#2」チェックボックス
VALUENAME“ igfxhkcmd”
VALUEON DELETE
VALUEOFF“%SystemRoot%hkcmd.exe”
エンドパート
パート「IntelAudioStudio」チェックボックス
VALUENAME「IntelAudioStudio」
VALUEON DELETE
VALUEOFF“%ProgramFiles%Intel Audio StudioIntelAudioStudio.exe TRAY”
エンドパート
パーツ「nVidiaコントロールパネル」チェックボックス
VALUENAME「NvCplDaemon」
VALUEON DELETE
VALUEOFF“ RUNDLL32.EXE%SystemRoot%NvCpl.dll,NvStartup」
エンドパート
パート「nVidiaMediaCenter」チェックボックス
VALUENAME「NvMediaCenter」
VALUEON DELETE
VALUEOFF“ RUNDLL32.EXE%SystemRoot%NvMcTray.dll,NvTaskbarInit」
エンドパート
パート「nVidiaウィザード」チェックボックス
VALUENAME「nwiz」
VALUEON DELETE
VALUEOFF“ nwiz.exe / install”
エンドパート
パート「PowerDVDRemoteControl」チェックボックス
VALUENAME「リモートコントロール」
VALUEON DELETE
VALUEOFF「%ProgramFiles%Cyber​​LinkPowerDVDPDVDServ.exe」
エンドパート
パート「PowerDVDRemoteControl2」チェックボックス
VALUENAME “Remote­Con­trol”
VALUEON DELETE
VALUEOFF「%ProgramFiles%Cyber​​LinkPowerDVDPDVDServ.exe」
エンドパート
PART “Power­D­VD Lan­guage” CHECKBOX
VALUENAME “Lan­guageShort­cut”
VALUEON DELETE
VALUEOFF “%ProgramFiles%CyberLinkPowerDVDLanguageLanguage.exe”
エンドパート
PART “Real­tek Input Pop-Up” CHECKBOX
VALUENAME “High Defin­i­tion Audio Prop­erty Page Shortcut”
VALUEON DELETE
VALUEOFF “HDAShCut.exe”
エンドパート
PART “Sounds Man­ager” CHECKBOX
VALUENAME “Sound­Man”
VALUEON DELETE
VALUEOFF “Soundman.exe”
エンドパート
PART “Real­tek Audio Util­ity” CHECKBOX
VALUENAME “Alcmtr”
VALUEON DELETE
VALUEOFF “ALCMTR.EXE”
エンドパート
PART “Real­tek HD Audio Con­trol Pan­el” CHECKBOX
VALUENAME “RTHDCPL”
VALUEON DELETE
VALUEOFF “RTHDCPL.EXE”
エンドパート
PART “Reak­tek Audio Device Detec­tion” CHECKBOX
VALUENAME「AlcWzrd」
VALUEON DELETE
VALUEOFF「ALCWZRD.EXE」
エンドパート
パート「RealtekVoiceManager」チェックボックス
VALUENAME「SkyTel」
VALUEON DELETE
VALUEOFF「SkyTel.exe」
エンドパート
パーツ「SoundMaxトレイ」チェックボックス
VALUENAME「SoundMaxPnP」
VALUEON DELETE
VALUEOFF「%ProgramFiles%AnalogDevicesCoresmax4pnp.exe」
エンドパート
パート「IDTオーディオトレイ」チェックボックス
VALUENAME「SysTrayApp」
VALUEON DELETE
VALUEOFF「%ProgramFiles%IDTWDMsttray.exe」
エンドパート
PART「Acerキーボードユーティリティ」チェックボックス
VALUENAME「HControl」
VALUEON DELETE
VALUEOFF「%SystemDrive%WINDOWSATK0100HControl.exe」
エンドパート
PART「SoftmodemHelper」チェックボックス
VALUENAME「SMSERIAL」
VALUEON DELETE
VALUEOFF「%SystemDrive%WINDOWSsm56hlpr.exe」
エンドパート
PART「SoftmodemUtility」チェックボックス
VALUENAME「AGRSMMSG」
VALUEON DELETE
VALUEOFF「AGRSMMSG.exe」
エンドパート
PART「SynapticsTouchpadEnhancement」チェックボックス
VALUENAME「SynTPEnh」
VALUEON DELETE
VALUEOFF「%ProgramFiles%SynapticsSynTPEnh.exe」
エンドパート
パート「Synapticsタッチパッドエンハンスメント#2」チェックボックス
VALUENAME「SynTPStart」
VALUEON DELETE
VALUEOFF「%ProgramFiles%SynapticsSynTPStart.exe」
エンドパート
PART「AlpsTouchPadTray」チェックボックス
VALUENAME「ポイント」
VALUEON DELETE
VALUEOFF“%ProgramFiles%Apoint2kApoint.exe”
エンドパート
PART「AdobeReaderSpeedLauncher」チェックボックス
VALUENAME「AdobeReaderSpeedLauncher」
VALUEON DELETE
VALUEOFF「%ProgramFiles%AdobeReader8.0ReaderReader_sl.exe」
エンドパート
PART「AdobePhotoDownloader」チェックボックス
VALUENAME「AdobePhotoDownloader」
VALUEON DELETE
VALUEOFF「%ProgramFiles%AdobePhotoshopElements5.0apdproxy.exe」
エンドパート
パート「HPソフトウェアアップデート」チェックボックス
VALUENAME「HPソフトウェアアップデート」
VALUEON DELETE
VALUEOFF“%ProgramFiles%Hewlett-PackardHP Software UpdateHPWuSchd2.exe”
エンドパート
PART「オリンパスカメラソフトウェア」チェックボックス
VALUENAME「OM_Monitor」
VALUEON DELETE
VALUEOFF「%ProgramFiles%OLYMPUSOLYMPUSMasterFirstStart.exe」
エンドパート
パート「IntelliPoint」チェックボックス
VALUENAME「IntelliPoint」
VALUEON DELETE
VALUEOFF“%ProgramFiles%Microsoft IntelliPointipoint.exe”
エンドパート
PART「RoxioDrag-to-Disc」チェックボックス
VALUENAME「RoxioDragToDisc」
VALUEON DELETE
VALUEOFF“%ProgramFiles%RoxioEasy CD Creator 6DragToDiscDrgToDsc.exe”
エンドパート
PART「RoxioEngineUtility」チェックボックス
VALUENAME「RoxioEngineUtility」
VALUEON DELETE
VALUEOFF「%ProgramFiles%CommonFilesRoxioSharedSystemEngUtil.exe」
エンドパート
パート「S3ビデオドライバーヘルパー」チェックボックス
VALUENAME「VTTimer」
VALUEON DELETE
VALUEOFF「VTTimer.exe」
エンドパート
パート「S3ビデオドライバトレイアイコン」チェックボックス
VALUENAME「VTtrayp」
VALUEON DELETE
VALUEOFF「VTtrayp.exe」
エンドパート
PART「HPQuickLaunchボタントレイ」チェックボックス
VALUENAME“ QlbCtrl”
VALUEON DELETE
VALUEOFF“%ProgramFiles%Hewlett-PackardHP Quick Launch ButtonsQlbCtrl.exe / Start”
エンドパート
パート「PCTelモデムユーティリティ」チェックボックス
VALUENAME「PCTVOICE」
VALUEON DELETE
VALUEOFF「pctspk.exe」
エンドパート
ポリシーの終了
;完全に管理されていない
ポリシー「システムサービス」
キー名「SYSTEMCurrentControlSetServices」
部 "CD バーニングサービス」ドロップダウンリストNOSORT
キー名「SYSTEMCurrentControlSetServicesImapi」
VALUENAME「開始」
アイテムリスト
NAME“ Disabled” VALUE NUMERIC“ 4”
名前「手動」値数値「3」デフォルト
NAME“ Automatic” VALUE NUMERIC“ 2”
終了アイテムリスト
エンドパート
パート「スマートボードサービス」ドロップダウンリストNOSORT
キー名「SYSTEMCurrentControlSetServicesSMARTボードサービス」
VALUENAME「開始」
アイテムリスト
NAME“ Disabled” VALUE NUMERIC“ 4”
名前「手動」値数値「3」デフォルト
NAME“ Automatic” VALUE NUMERIC“ 2”
終了アイテムリスト
エンドパート
パート「スマートボードWebサーバー」ドロップダウンリストNOSORT
キー名「SYSTEMCurrentControlSetServicesSMARTWebサーバー」
VALUENAME「開始」
アイテムリスト
NAME“ Disabled” VALUE NUMERIC“ 4”
名前「手動」値数値「3」デフォルト
NAME“ Automatic” VALUE NUMERIC“ 2”
終了アイテムリスト
エンドパート
パート「メッセンジャー」ドロップダウンリストNOSORT
キー名「SYSTEMCurrentControlSetServicesMessenger」
VALUENAME「開始」
アイテムリスト
NAME“ Disabled” VALUE NUMERIC“ 4” DEFAULT
NAME“ Manual” VALUE NUMERIC“ 3”
NAME“ Automatic” VALUE NUMERIC“ 2”
終了アイテムリスト
エンドパート
パート「リモートレジストリ」ドロップダウンリストNOSORT
キー名「SYSTEMCurrentControlSetServicesRemoteRegistry」
VALUENAME「開始」
アイテムリスト
NAME“ Disabled” VALUE NUMERIC“ 4”
NAME“ Manual” VALUE NUMERIC“ 3”
名前「自動」値数値「2」デフォルト
終了アイテムリスト
エンドパート
パート「ユニバーサルPnP」ドロップダウンリストNOSORT
キー名「SYSTEMCurrentControlSetServicesupnphost」
VALUENAME「開始」
アイテムリスト
NAME“ Disabled” VALUE NUMERIC“ 4”
名前「手動」値数値「3」デフォルト
NAME“ Automatic” VALUE NUMERIC“ 2”
終了アイテムリスト
エンドパート
パート「管理者アラート」ドロップダウンリストNOSORT
キー名「SYSTEMCurrentControlSetServicesAlerter」
VALUENAME「開始」
アイテムリスト
NAME“ Disabled” VALUE NUMERIC“ 4” DEFAULT
NAME“ Manual” VALUE NUMERIC“ 3”
NAME“ Automatic” VALUE NUMERIC“ 2”
終了アイテムリスト
エンドパート
パート「クリップボードサーバー」ドロップダウンリストNOSORT
キー名「SYSTEMCurrentControlSetServicesClipSrv」
VALUENAME「開始」
アイテムリスト
NAME“ Disabled” VALUE NUMERIC“ 4” DEFAULT
NAME“ Manual” VALUE NUMERIC“ 3”
NAME“ Automatic” VALUE NUMERIC“ 2”
終了アイテムリスト
エンドパート
パート「インデックスサービス」ドロップダウンリストNOSORT
キー名「SYSTEMCurrentControlSetServicesCiSvc」
VALUENAME「開始」
アイテムリスト
NAME“ Disabled” VALUE NUMERIC“ 4”
名前「手動」値数値「3」デフォルト
NAME“ Automatic” VALUE NUMERIC“ 2”
終了アイテムリスト
エンドパート
パート「nVidiaドライバーヘルパーサービス」ドロップダウンリストNOSORT
キー名「SYSTEMCurrentControlSetServicesNVSvc」
VALUENAME「開始」
アイテムリスト
NAME“ Disabled” VALUE NUMERIC“ 4”
名前「手動」値数値「3」デフォルト
NAME“ Automatic” VALUE NUMERIC“ 2”
終了アイテムリスト
エンドパート
パート「パフォーマンスログとアラート」ドロップダウンリストNOSORT
キー名「SYSTEMCurrentControlSetServicesSysmonLog」
VALUENAME「開始」
アイテムリスト
NAME“ Disabled” VALUE NUMERIC“ 4”
名前「手動」値数値「3」デフォルト
NAME“ Automatic” VALUE NUMERIC“ 2”
終了アイテムリスト
エンドパート
パート「リモートアシスタンス」ドロップダウンリストNOSORT
キー名「SYSTEMCurrentControlSetServicesRDSessMgr」
VALUENAME「開始」
アイテムリスト
NAME“ Disabled” VALUE NUMERIC“ 4”
名前「手動」値数値「3」デフォルト
NAME“ Automatic” VALUE NUMERIC“ 2”
終了アイテムリスト
エンドパート
パート「Telnet」ドロップダウンリストNOSORT
キー名「SYSTEMCurrentControlSetServicesTlntSvr」
VALUENAME「開始」
アイテムリスト
NAME“ Disabled” VALUE NUMERIC“ 4” DEFAULT
NAME“ Manual” VALUE NUMERIC“ 3”
NAME“ Automatic” VALUE NUMERIC“ 2”
終了アイテムリスト
エンドパート
パート「UPS」ドロップダウンリストNOSORT
キー名「SYSTEMCurrentControlSetServicesUPS」
VALUENAME「開始」
アイテムリスト
NAME“ Disabled” VALUE NUMERIC“ 4”
名前「手動」値数値「3」デフォルト
NAME“ Automatic” VALUE NUMERIC“ 2”
終了アイテムリスト
エンドパート
ポリシーの終了
カテゴリを終了
カテゴリ「Windowsの機能」
ポリシー「オーバーライドアンチウイルスモニタリング」
キーワード「ソフトウェアマイクロソフトセキュリティセンター」
VALUENAME「AntiVirusOverride」
VALUEON NUMERIC 1
バリューオフ数値 0
ポリシーの終了
ポリシー「Windowsエラー報告を無効にする」
キー名「ソフトウェアMicrosoftPCHealthErrorReporting」
VALUENAME DoReport
VALUEON NUMERIC 0
バリューオフ数値 1
ポリシーの終了
ポリシー「WindowsMessengerの実行を防止する」
キー名「ソフトウェアMicrosoftMessengerClient」
VALUENAME「PreventRun」
VALUEON NUMERIC 1
バリューオフ数値 0
ポリシーの終了
ポリシー「有効にする CD-すべてのユーザーのために燃える」
キー名「SoftwareMicrosoftWindowsNTCurrentVersionWinlogon」
VALUENAME「AllocateDASD」
VALUEON NUMERIC 2
バリューオフ数値 0
ポリシーの終了
カテゴリを終了
カテゴリ「WindowsMediaPlayer」
ポリシー「自動更新を無効にする」
キー名「ソフトウェアMicrosoftWindowsMediaPlayer」
VALUENAME「DisableAutoUpdate」
VALUEON NUMERIC 1
バリューオフ数値 0
ポリシーの終了
ポリシー「自動アップグレードを無効にする」
キー名「ソフトウェアMicrosoftWindowsMediaPlayer」
VALUENAME「EnableAutoUpgrade」
VALUEON「いいえ」
VALUEOFF「はい」
ポリシーの終了
カテゴリを終了
カテゴリー「Java」
ポリシー「プラグイン」
キー名「SOFTWAREJavaSoftJavaPlug-in1.6.0_01」
VALUENAME「HideSystemTrayIcon」
VALUEON NUMERIC“ 1”
VALUEOFF NUMERIC“ 0”
ACTIONLISTON
キー名「SOFTWAREJavaSoftJavaPlug-in1.6.0_02」
VALUENAME“ HideSystemTrayIcon” VALUE NUMERIC 1
キー名「SOFTWAREJavaSoftJavaPlug-in1.6.0_03」
VALUENAME“ HideSystemTrayIcon” VALUE NUMERIC 1
アクションリストを終了する
ACTIONLISTOFF
キー名「SOFTWAREJavaSoftJavaPlug-in1.6.0_02」
VALUENAME“ HideSystemTrayIcon” VALUE NUMERIC 0
キー名「SOFTWAREJavaSoftJavaPlug-in1.6.0_03」
VALUENAME“ HideSystemTrayIcon” VALUE NUMERIC 0
アクションリストオフを終了
ポリシーの終了
ポリシー「更新」
キー名「SOFTWAREJavaSoftJavaUpdatePolicy」
パート「更新を無効にする」チェックボックス
VALUENAME「EnableJavaUpdate」
VALUEON NUMERIC“ 0”
VALUEOFF NUMERIC“ 1”
エンドパート
PART「自動更新を無効にする」チェックボックス
VALUENAME「EnableAutoUpdateCheck」
VALUEON NUMERIC“ 0”
VALUEOFF NUMERIC“ 1”
エンドパート
パート「ダウンロード時に通知しない」チェックボックス
VALUENAME「NotifyDownload」
VALUEON NUMERIC“ 0”
VALUEOFF NUMERIC“ 1”
エンドパート
パート「インストール時に通知しない」チェックボックス
VALUENAME「NotifyInstall」
VALUEON NUMERIC“ 0”
VALUEOFF NUMERIC“ 1”
エンドパート
パート「自動更新のプロンプトを表示しない」チェックボックス
VALUENAME「PromptAutoUpdateCheck」
VALUEON NUMERIC“ 0”
VALUEOFF NUMERIC“ 1”
エンドパート
ポリシーの終了
カテゴリを終了
カテゴリー「アドビ」
ポリシー「Adobeアップデータ」
キー名「SoftwareAdobeUpdater」
PART「無効にする」チェックボックス
VALUENAME「エンタープライズ」
VALUEON NUMERIC 1
バリューオフ数値 0
エンドパート
ポリシーの終了
ポリシー「リーダーEULA」
キーワード「ソフトウェアAdobeAcrobatReader8.0AdobeViewer」
VALUENAME「EULAに同意する」VALUEONNUMERIC 1
ACTIONLISTON
VALUENAME「ローンチ」
値の数値 1
アクションリストを終了する
ACTIONLISTOFF
VALUENAME「ローンチ」
値の数値 0
アクションリストオフを終了
ポリシーの終了
ポリシー「リーダー機能」
キー名「ソフトウェアAdobeAcrobatReader8.0FeatureLockdown」
PART「アップデーターを無効にする」チェックボックス
VALUENAME「bUpdater」
VALUEON NUMERIC“ 0”
VALUEOFF NUMERIC“ 1”
エンドパート
パート「電子書籍メニューを無効にする」チェックボックス
VALUENAME「bShowEbookMenu」
VALUEON NUMERIC“ 0”
VALUEOFF NUMERIC“ 1”
エンドパート
PART「購入を無効にする」チェックボックス
VALUENAME「bPurchaseAcro」
VALUEON NUMERIC“ 0”
VALUEOFF NUMERIC“ 1”
エンドパート
パート「作成を無効にする PDFファイル オンライン」チェックボックス
VALUENAME「bCreatePDFOnline」
VALUEON NUMERIC“ 0”
VALUEOFF NUMERIC“ 1”
エンドパート
パート「ブラウザ統合を無効にする」チェックボックス
VALUENAME「bBrowserIntegration」
VALUEON NUMERIC“ 0”
VALUEOFF NUMERIC“ 1”
エンドパート
PART「FedExKinko'sへの送信を無効にする」チェックボックス
VALUENAME「bFedExInternetPrinting」
VALUEON NUMERIC“ 0”
VALUEOFF NUMERIC“ 1”

エンドパート
ポリシーの終了
ポリシー「PhotoshopElements」
キー名「SoftwareMicrosoftWindowsCurrentVersionUninstall{A7B609FB-83D8-4FC3-8477–1BC65ECFE85B}」
パート「EULA承認済み」チェックボックス
VALUENAME「epic_eula_accepted」
VALUEON NUMERIC 1
バリューオフ数値 0
エンドパート
パート「EULA承認時間」チェックボックス
VALUENAME「epic_eula_accepted_time」
VALUEON「2006-11-01 10:00」
エンドパート
パート「EULA選択」チェックボックス
VALUENAME“ epic_eula_selected”
VALUEON NUMERIC 0
バリューオフ数値 1
エンドパート
PART「ロケール」チェックボックス
VALUENAME「epic_eula_selected_locale」
VALUEON“ en_us”
エンドパート
PART「登録」チェックボックス
VALUENAME「EPIC_REGS_COUNT」
VALUEON NUMERIC 4
バリューオフ数値 0
エンドパート
PART「登録日」チェックボックス
VALUENAME“ EPIC_REGS_DATE”
VALUEON「2006-11-01 10:00」
エンドパート
PART「登録拒否」チェックボックス
VALUENAME「EPIC_REGS_DECLINE_COUNT」
VALUEON NUMERIC 0
バリューオフ数値 1
エンドパート
PART「登録状態」チェックボックス
VALUENAME「EPIC_REGS_STATE」
VALUEON NUMERIC 1
バリューオフ数値 0
エンドパート
PART「登録タイプ」チェックボックス
VALUENAME“ EPIC_REGS_TYPE”
VALUEON NUMERIC 4
バリューオフ数値 0
エンドパート
ポリシーの終了
ポリシー「PremièreElements」
キー名「SoftwareMicrosoftWindowsCurrentVersionUninstall{530AFAFF-6F0A-48BB-88D0-04F9658322D3}」
パート「EULA承認済み」チェックボックス
VALUENAME「epic_eula_accepted」
VALUEON NUMERIC 1
バリューオフ数値 0
エンドパート
パート「EULA承認時間」チェックボックス
VALUENAME「epic_eula_accepted_time」
VALUEON「2006-11-01 10:00」
エンドパート
パート「EULA選択」チェックボックス
VALUENAME“ epic_eula_selected”
VALUEON NUMERIC 0
バリューオフ数値 1
エンドパート
PART「ロケール」チェックボックス
VALUENAME「epic_eula_selected_locale」
VALUEON“ en_us”
エンドパート
PART「登録」チェックボックス
VALUENAME「EPIC_REGS_COUNT」
VALUEON NUMERIC 4
バリューオフ数値 0
エンドパート
PART「登録日」チェックボックス
VALUENAME“ EPIC_REGS_DATE”
VALUEON「2006-11-01 10:00」
エンドパート
PART「登録拒否」チェックボックス
VALUENAME「EPIC_REGS_DECLINE_COUNT」
VALUEON NUMERIC 0
バリューオフ数値 1
エンドパート
PART「登録状態」チェックボックス
VALUENAME「EPIC_REGS_STATE」
VALUEON NUMERIC 1
バリューオフ数値 0
エンドパート
PART「登録タイプ」チェックボックス
VALUENAME“ EPIC_REGS_TYPE”
VALUEON NUMERIC 4
バリューオフ数値 0
エンドパート
ポリシーの終了
カテゴリを終了
カテゴリー「Audacity」
ポリシー「ラメ」
キーネーム「SOFTWAREAudacityAudacityMP3」
パート「ラメパス」編集テキスト
VALUENAME「MP3LibPath」
デフォルト「%ProgramFiles%Audacitylame_enc.dll」
EXPANDABLETEXT
エンドパート
ポリシーの終了
ポリシー「言語」
キーネーム「SOFTWAREAudacityAudacityLocale」
パート「AudacityLanguage」ドロップダウンリスト
VALUENAME「言語」
アイテムリスト
NAME“ English” VALUE“ en”
終了アイテムリスト
エンドパート
ポリシーの終了
カテゴリを終了
カテゴリ「SmartBoard」
ポリシー「Com-Portプロンプトを無効にする」
KEYNAME「SoftwareSMARTTechnologiesInc.SMART BoardSoftwareBoardTools」
VALUENAME「noboard」
VALUEON NUMERIC 1
VALUEOFF DELETE
ポリシーの終了
ポリシー「ギャラリー」
KEYNAME「SoftwareSMARTTechnologiesInc.Gallery」
パート「ネットワークパス」編集テキスト
VALUENAME「DefaultManifest」
DEFAULT “\gatewayglobalsmartimsmanifest.xml”
EXPANDABLETEXT
エンドパート
ポリシーの終了
カテゴリを終了
カテゴリー「Dazzle03」
ポリシー「Webイントロへの保存を無効にする」
キーネーム「SoftwareIndigoLearningDazzle03」
VALUENAME「ShowSaveToWebIntro」
VALUEON NUMERIC 0
バリューオフ数値 1
ポリシーの終了
カテゴリを終了
カテゴリ「WindowsDefender」
ポリシー「スケジュールされたスキャンの設定」
キー名「ソフトウェアMicrosoftWindowsDefenderScan」
パート「予定日」ドロップダウンリストNOSORT
VALUENAME「ScheduleDay」
アイテムリスト
NAME“ Disabled” VALUE NUMERIC“ 8”
名前「月曜日」値の数値「2」
NAME“ Tuesday” VALUE NUMERIC“ 3”
名前「水曜日」値の数値「4」
名前「木曜日」値の数値「5」
名前「金曜日」値の数値「6」
名前「土曜日」値の数値「7」
名前「日曜日」値の数値「1」
終了アイテムリスト
エンドパート
PART “Sched­uled Time” NUMERIC
VALUENAME “Sched­u­le­Time”
最小0
MAX 1440
SPIN 30
ディフォルト 0
エンドパート
PART “Scan Type” DROPDOWNLIST
VALUENAME “Scan­Para­met­ers”
アイテムリスト
NAME “Quick Scan” VALUE NUMERIC “1”
NAME “Full Scan” VALUE NUMERIC “2”
終了アイテムリスト
エンドパート
ポリシーの終了
ポリシー !!Dis­ableAntiSpy­ware
KEYNAME “Soft­ware­Mi­crosoftWin­dows Defender”
説明 !!DisableAntiSpyware_Explain
VALUENAME “Dis­ableAntiSpy­ware”
VALUEON NUMERIC 1
バリューオフ数値 0
ポリシーの終了
ポリシー !!Dis­ableUn­known­RTP
KEYNAME “Soft­ware­Mi­crosoftWin­dows Defend­er­Real-Time Protection”
説明 !!DisableUnknownRTP_Explain
VALUENAME “EnableUn­known­Prompts”
VALUEON NUMERIC 1
バリューオフ数値 0
ポリシーの終了
ポリシー !!Check­For­Sig­na­tures­Be­fore­Run­ning­Scan
キー名「SoftwareMicrosoftWindowsDefenderScan」
説明 !!CheckForSignaturesBeforeRunningScan_Explain
VALUENAME「CheckForSignaturesBeforeRunningScan」
VALUEON NUMERIC 1
バリューオフ数値 0
ポリシーの終了
ポリシー !!ForceFullUpdate
KEYNAME「SoftwareMicrosoftWindowsDefenderSignatureUpdates」
説明 !!ForceFullUpdate_Explain
VALUENAME「ForceFullUpdate」
VALUEON NUMERIC 1
バリューオフ数値 0
ポリシーの終了
ポリシー !!EnableLoggingForKnownGood
キー名「SoftwareMicrosoftWindowsDefenderReporting」
説明 !!EnableLoggingForKnownGood_Explain
VALUENAME「DisableLoggingForKnownGood」
VALUEON NUMERIC 0
バリューオフ数値 1
ポリシーの終了
ポリシー !!EnableLoggingForUnknown
キー名「SoftwareMicrosoftWindowsDefenderReporting」
説明 !!EnableLoggingForUnknown_Explain
VALUENAME「DisableLoggingForUnknown」
VALUEON NUMERIC 0
バリューオフ数値 1
ポリシーの終了
ポリシー !!SpyNetReporting
キー名「SoftwareMicrosoftWindowsDefenderSpyNet」
説明 !!SpyNetReporting_Explain
部 !!SpyNetReporting_DropDownListドロップダウンリストが必要です
VALUENAME「SpyNetReporting」
アイテムリスト
名前 !!SpyNetReporting_DropDownList_Disabled VALUE NUMERIC 0
名前 !!SpyNetReporting_DropDownList_Basic VALUE NUMERIC 1
名前 !!SpyNetReporting_DropDownList_Advanced VALUE NUMERIC 2
終了アイテムリスト
エンドパート
ポリシーの終了
ポリシー !!CheckAlternateDownloadLocation
KEYNAME「SoftwareMicrosoftWindowsDefenderSignatureUpdates」
説明 !!CheckAlternateDownloadLocation_Explain
VALUENAME「CheckAlternateDownloadLocation」
VALUEON NUMERIC 0
バリューオフ数値 1
ポリシーの終了
カテゴリを終了
カテゴリを終了

;;;;;;;;;;
クラスユーザー
;;;;;;;;;;

カテゴリ「技術者設定」
カテゴリー「クッキー」
ポリシー「有効なWebサイトでCookieを許可する」
キー名「SoftwareMicrosoftWindowsCurrentVersionInternetSettingsP3PHistoryenable-online.com」
VALUENAME“”
VALUEON NUMERIC 1
VALUEOFF DELETE
ポリシーの終了
カテゴリを終了
カテゴリ「SmartBoard」
ポリシー「Com-Portプロンプトを無効にする」
KEYNAME「SoftwareSMARTTechnologiesInc.SMART BoardSoftwareBoardTools」
VALUENAME「noboard」
VALUEON NUMERIC 1
VALUEOFF DELETE
ポリシーの終了
ポリシー「ギャラリー」
KEYNAME「SoftwareSMARTTechnologiesInc.Gallery」
パート「ネットワークパス」編集テキスト
VALUENAME「DefaultManifest」
DEFAULT “\gate­way­g­lob­als­martS­MART Essen­tials For Edu­cat­orsGal­lery Data Filesgallery_categories.xml”
EXPANDABLETEXT
エンドパート
ポリシーの終了
カテゴリを終了
カテゴリー「スタートアッププログラム」
;完全に管理されていない
ポリシー「スタートアッププログラムを無効にする」
キー名「ソフトウェアMicrosoftWindowsCurrentVersionRun」
パート「OfficeLanguageTools」チェックボックス
VALUENAME“ ctfmon”
VALUEON DELETE
VALUEOFF“%SystemRoot%ctfmon.exe”
エンドパート
パート「OfficeLanguageTools2」チェックボックス
VALUENAME「CTFMON.EXE」
VALUEON DELETE
VALUEOFF“%SystemRoot%ctfmon.exe”
エンドパート
PART「MsnMessenger」チェックボックス
VALUENAME「MsnMsgr」
VALUEON DELETE
VALUEOFF“%ProgramFiles%MSN Messengermsnmsgr.exe / background”
エンドパート
PART「WindowsMessenger」チェックボックス
VALUENAME“ msmsgs”
VALUEON DELETE
VALUEOFF“%ProgramFiles%Messengermsmsgs.exe / background”
エンドパート
ポリシーの終了
カテゴリを終了
カテゴリ「IE7設定」
ポリシー「常にメニューバーを表示する」
キー名「SoftwareMicrosoftInternetExplorerMain」
VALUENAME「AlwaysShowMenus」
VALUEON NUMERIC 1
バリューオフ数値 0
ポリシーの終了
ポリシー「メニューバーを一番上の位置に設定」
キー名「SoftwareMicrosoftInternetExplorerToolbarWebBrowser」
VALUENAME「ITBar7Position」
VALUEON NUMERIC 1
バリューオフ数値 0
ポリシーの終了
ポリシー「Googleをデフォルトの検索として設定」
キー名「SoftwareMicrosoftInternetExplorerSearchScopes」
VALUENAME“ DefaultScope” VALUEON {2D16E5B6-2F07-4341–934E-118468986E78}
ACTIONLISTON
VALUENAME「バージョン」VALUENUMERIC 1
KEYNAME「SoftwareMicrosoftInternetExplorerSearchScopes{2D16E5B6-2F07-4341–934E-118468986E78}」
VALUENAME“ DisplayName” VALUE“ Google”
VALUENAME "URLは” VALUE“ http://www.google.com/search?q ={検索ワード}&アンプ;アンプ;rls = com.microsoft:{言語}&アンプ;アンプ;ie ={inputEncoding}&アンプ;アンプ;oe ={outputEncoding}&アンプ;アンプ;startIndex ={startIndex?}&アンプ;アンプ;startPage ={startPage}」
アクションリストを終了する
ポリシーの終了
ポリシー「初回実行ウィザードを無効にする」
キー名「SoftwareMicrosoftInternetExplorerMain」
VALUENAME「DisableFirstRunCustomize」
VALUEON NUMERIC 1
バリューオフ数値 0
ポリシーの終了
ポリシー「フィッシングフィルタを無効にする」
キー名「SoftwareMicrosoftInternetExplorerPhishingFilter」
VALUENAME「有効」
VALUEON NUMERIC 0
バリューオフ数値 1
ポリシーの終了
ポリシー「起動時に言語バーをオフにする」
キー名「SoftwareMicrosoftCTF」
VALUENAME「スレッド入力マネージャを無効にする」VALUEONNUMERIC 1
ACTIONLISTON
VALUENAME“ ExtraIconsOnMinimized” VALUE NUMERIC 0
キーワード「ソフトウェアMicrosoftInternetExplorerInternational」
VALUENAME“ AcceptLanguage” VALUE“ en-gb”
キー名「SoftwareMicrosoftCTFMSUTB」
VALUENAME“ ShowDeskBand” VALUE NUMERIC 1
キー名「SoftwareMicrosoftCTFLangBar」
VALUENAME“ ShowStatus” VALUE NUMERIC 3
アクションリストを終了する
ポリシーの終了
ポリシー「起動時に言語バーをオフにする (パート2)」
KEYNAME「KeyboardLayoutPreload」
VALUENAME“ 2” VALUEON DELETE
ACTIONLISTON
VALUENAME“ ShowStatus” VALUE NUMERIC 2
キー名「SoftwareClassesCLSID{540D8A8B-1C3F-4E32-8132–530F6A502090}」
VALUENAME“ MenuTextPUI” VALUE DELETE
アクションリストを終了する
ポリシーの終了
ポリシー「顧客改善プログラムの無効化」
キー名「SoftwareMicrosoftInternetExplorerSQM」
VALUENAME「DisableCustomerImprovementProgram」
VALUEON NUMERIC 1
バリューオフ数値 0
ポリシーの終了
カテゴリを終了
カテゴリー「AdobeReader8」
ポリシー「各ドキュメントのタスクバーアイコンを表示する」
キー名「SoftwareAdobeAcrobatReader8.0AVGeneral」
VALUENAME「bDocumentsInTaskbar」
VALUEON“ 1”
VALUEOFF DELETE
ポリシーの終了
ポリシー「Acrobatを超えて」
キーネーム「SoftwareAdobeAcrobatReader8.0Downtown」
パート「起動時に表示しない」チェックボックス
VALUENAME「bDontShowAtLaunch」
VALUEON NUMERIC“ 1”
VALUEOFF NUMERIC“ 0”
エンドパート
パート「オンラインにしない」チェックボックス
VALUENAME「bGoOnline」
VALUEON NUMERIC“ 0”
VALUEOFF NUMERIC“ 1”
エンドパート
ポリシーの終了
カテゴリを終了
カテゴリ「WindowsDefender」
ポリシー「スケジュールされたスキャンの設定」
キー名「ソフトウェアMicrosoftWindowsDefenderScan」
パート「予定日」ドロップダウンリストNOSORT
VALUENAME「ScheduleDay」
アイテムリスト
NAME“ Disabled” VALUE NUMERIC“ 8”
名前「月曜日」値の数値「2」
NAME“ Tuesday” VALUE NUMERIC“ 3”
名前「水曜日」値の数値「4」
名前「木曜日」値の数値「5」
名前「金曜日」値の数値「6」
名前「土曜日」値の数値「7」
名前「日曜日」値の数値「1」
終了アイテムリスト
エンドパート
PART “Sched­uled Time” NUMERIC
VALUENAME “Sched­u­le­Time”
最小0
MAX 1440
SPIN 30
ディフォルト 0
エンドパート
PART “Scan Type” DROPDOWNLIST
VALUENAME “Scan­Para­met­ers”
アイテムリスト
NAME “Quick Scan” VALUE NUMERIC “1”
NAME “Full Scan” VALUE NUMERIC “2”
終了アイテムリスト
エンドパート
ポリシーの終了
ポリシー「管理者以外のアクセスを無効にする」
キー名「ソフトウェアMicrosoftWindowsDefenderUX構成」
VALUENAME「AllowNonAdminFunctionality」
VALUEON NUMERIC 0
バリューオフ数値 1
ポリシーの終了
カテゴリを終了
カテゴリ「スクリーンセーバー」
;完全に管理されていない
ポリシー「スクリーンセーバー設定」
KEYNAME「コントロールパネルデスクトップ」
パート「スクリーンセーバー時間」NUMERIC
VALUENAME「ScreenSaveTimeOut」
最小1
MAX 120
ディフォルト 10
エンドパート
パート「スクリーンセーバーの設定」ドロップダウンリストNOSORT
VALUENAME「SCRNSAVE.EXE」
アイテムリスト
NAME“ Default” VALUE“%SystemRoot%scrnsave.scr”
名前「3Dフライングオブジェクト」値「%SystemRoot%ss3dfo.scr」
名前「3Dテキスト」値「%SystemRoot%sstext3d.scr」
名前「ログオン」値「%SystemRoot%logon.scr」
名前「ベジェ曲線」値「%SystemRoot%ssbezier.scr」
NAME“ 3D Flowerbox” VALUE“%SystemRoot%ssflwbox.scr”
NAME“ Marquee” VALUE“%SystemRoot%ssmarque.scr”
NAME“ My Pictures Slideshow” VALUE“%SystemRoot%ssmypics.scr”
NAME“ Mystify” VALUE“%SystemRoot%ssmyst.scr”
名前「3Dパイプ」値「%SystemRoot%sspipes.scr」
NAME“ Flying Stars” VALUE“%SystemRoot%ssstars.scr”
終了アイテムリスト
エンドパート
ポリシーの終了
ポリシー「飛行オブジェクトの設定」
キー名「SoftwareMicrosoftScreensaversFlyingObjects」
パート「オプション」数値
VALUENAME「オプション」
ディフォルト 1
エンドパート
パーツ「タイプ」数値
VALUENAME「タイプ」
ディフォルト 6
エンドパート
パート「テッセレーション」NUMERIC
VALUENAME「テッセレーション」
ディフォルト 200
エンドパート
パーツ「サイズ」数値
VALUENAME「サイズ」
ディフォルト 175
エンドパート
パート「テクスチャ」EDITTEXT
VALUENAME「テクスチャ」
DEFAULT “\serverlogoscr.bmp”
EXPANDABLETEXT
エンドパート
PART“ TextureFileOffset” NUMERIC
VALUENAME「TextureFileOffset」
ディフォルト 12
エンドパート
パート「AllScreensSame」NUMERIC
VALUENAME「AllScreensSame」
ディフォルト 0
エンドパート
ポリシーの終了
ポリシー「3Dテキスト設定」
キー名「SoftwareMicrosoftScreensaversText3D」
パート「回転速度」数値
VALUENAME「RotationSpeed」
ディフォルト 10
エンドパート
PART「回転スタイル」NUMERIC
VALUENAME「RotationStyle」
ディフォルト 3
エンドパート
パーツ「サイズ」数値
VALUENAME「サイズ」
ディフォルト 5
エンドパート
パート「表示するテキスト」EDITTEXT
VALUENAME“ DisplayString”
デフォルトの「グリースバラ」
EXPANDABLETEXT
エンドパート
パート「フォント」編集テキスト
VALUENAME「FontFace」
デフォルトの「エージェンシーFB」
EXPANDABLETEXT
エンドパート
パート「スペキュラー」数値
VALUENAME「スペキュラー」
ディフォルト 1
エンドパート
PART「表面タイプ」NUMERIC
VALUENAME「SurfaceType」
ディフォルト 1
エンドパート
ポリシーの終了
カテゴリを終了
カテゴリ「Windowsの機能」
ポリシー「非アクティブなアイコンを非表示にしないでください」
キー名「SoftwareMicrosoftWindowsCurrentVersionExplorer」
VALUENAME「EnableAutoTray」
VALUEON NUMERIC 0
バリューオフ数値 1
ポリシーの終了
ポリシー「デスクトップクリーンアップウィザードを無効にする」
キー名「SoftwareMicrosoftWindowsCurrentVersionExplorerDesktopCleanupWiz」
VALUENAME “NoRun”
VALUEON NUMERIC 1
バリューオフ数値 0
ポリシーの終了
ポリシー「クラシックコントロールパネルを有効にする」
キー名「SoftwareMicrosoftWindowsCurrentVersionExplorer」
VALUENAME「ForceClassicControlPanel」
VALUEON NUMERIC 1
バリューオフ数値 0
ポリシーの終了
ポリシー「新しくインストールされたソフトウェアを強調表示しないでください」
キー名「SoftwareMicrosoftWindowsCurrentVersionExplorerAdvanced」
VALUENAME「Start_NotifyNewApps」
VALUEON NUMERIC 0
バリューオフ数値 1
ポリシーの終了
ポリシー「ClearTypeを有効にする」
KEYNAME「コントロールパネルデスクトップ」
VALUENAME「FontSmoothingType」
VALUEON NUMERIC 2
バリューオフ数値 1
ポリシーの終了
ポリシー「ツアーポップアップを無効にする」
キー名「ソフトウェアMicrosoftWindowsCurrentVersionAppletsTour」
VALUENAME「RunCount」
VALUEON NUMERIC 0
VALUEOFF DELETE
ポリシーの終了
カテゴリを終了
カテゴリー !!EZ_GPO
ポリシー !!BASE_CFG
キー名「SoftwarePoliciesTerraNovumEZ_GPO」
説明 !!BASE_CFG_EXP
パート「電力管理設定スキーマ」ドロップダウンリストが必要
VALUENAME「SettingsScheme」
アイテムリスト
名前 !!SettingsSchemeSimpleIndexVALUE「シンプル」デフォルト
終了アイテムリスト
エンドパート
パート「電力管理設定スキーマメジャーバージョン」必要な数値
VALUENAME「MajorVersion」
ディフォルト 2
最小2
MAX 99
エンドパート
パート「電力管理設定スキーママイナーバージョン」必要な数値
VALUENAME「MinorVersion」
ディフォルト 0
最小0
MAX 99
エンドパート
パート「制御変数 [変更しないでください]”必要なドロップダウンリスト
VALUENAME「コントロール」
アイテムリスト
NAME「制御変数 [変更しないでください]” VALUE“ベリファイ”デフォルト
終了アイテムリスト
エンドパート
ポリシーの終了
ポリシー !!オプション
キー名「SoftwarePoliciesTerraNovumEZ_GPOOptions」
説明 !!OPTIONS_EXP
パート「セキュリティオーバーライド」チェックボックス
VALUENAME「セキュリティバイパス」
VALUEON NUMERIC 1 ;セキュリティオーバーライドフラグ
バリューオフ数値 0
エンドパート
パート「すべてのマシンでスタンバイを強制的に設定する」チェックボックス
VALUENAME「強制スタンバイ」
VALUEON NUMERIC 1 ;スタンバイフラグを強制する
バリューオフ数値 0
エンドパート
ポリシーの終了
ポリシー !!SETTINGS_SCHEME_SIMPLE
キー名「SoftwarePoliciesTerraNovumEZ_GPOSimple」
説明 !!SETTINGS_SCHEME_SIMPLE_EXP
パート「ACユーザーモニターのタイムアウト」必要な数値
VALUENAME「ACUserMonIdleTime」
ディフォルト 10
最小0
MAX 300
エンドパート
パート「ACユーザーシステムのスタンバイタイムアウト」必要な数値
VALUENAME「ACUserStandByIdleTime」
ディフォルト 15
最小0
MAX 300
エンドパート
パート「ACマシン休止状態タイムアウト」必要な数値
VALUENAME「ACMachHibernateIdleTime」
ディフォルト 30
最小0
MAX 300
エンドパート
パート「DCユーザーモニターのタイムアウト」必要な数値
VALUENAME「DCUserMonIdleTime」
ディフォルト 5
最小0
MAX 300
エンドパート
パート「DCユーザーシステムのスタンバイタイムアウト」必要な数値
VALUENAME「DCUserStandByIdleTime」
ディフォルト 10
最小0
MAX 300
エンドパート
パート「DCマシン休止状態タイムアウト」必要な数値
VALUENAME「DCMachHibernateIdleTime」
ディフォルト 15
最小0
MAX 300
エンドパート
ポリシーの終了
カテゴリを終了 ; EZ_GPO
カテゴリを終了

[文字列]
DisableAntiSpyware =“ WindowsDefenderをオフにする”
DisableAntiSpyware_Explain =“ WindowsDefenderのリアルタイム保護をオフにします, スキャンはこれ以上スケジュールされません。nnこのポリシー設定を有効にした場合, WindowsDefenderが実行されない, また、コンピュータはスパイウェアやその他の望ましくない可能性のあるソフトウェアをスキャンされません。nnこのポリシー設定を無効にするか、構成しない場合, デフォルトでは、Windows Defenderが実行され、コンピューターはスパイウェアやその他の望ましくない可能性のあるソフトウェアがないかスキャンされます。」
DisableUnknownRTP =「不明な検出のためのリアルタイム保護プロンプトをオフにする」
DisableUnknownRTP_Explain =“不明な検出のリアルタイム保護プロンプトをオフにします。nnこのポリシー設定を有効にした場合, Windows Defenderは、不明なアクティビティを許可またはブロックするようにユーザーに要求しません。nnこのポリシー設定を無効にするか、構成しない場合, デフォルトでは、Windows Defenderは、コンピューターでの不明なアクティビティを許可またはブロックするようにユーザーに促します。」
CheckForSignaturesBeforeRunningScan =「スケジュールされたスキャンの前に新しい署名を確認する」
CheckForSignaturesBeforeRunningScan_Explain =“スケジュールされたスキャンを実行する前に新しい署名をチェックします。nnこのポリシー設定を有効にした場合, スケジュールされたスキャンは、コンピューターをスキャンする前に新しい署名をチェックします。nnこのポリシー設定を無効にするか、構成しない場合, スケジュールされたスキャンは、新しい署名をダウンロードせずに開始されます。」
ForceFullUpdate =“署名セット全体をダウンロード”
ForceFullUpdate_Explain =“完全な署名セットをダウンロードします, 前回の署名のダウンロード以降に更新された署名だけではなく. 完全な署名セットをダウンロードすると、署名のインストールに関する問題のトラブルシューティングに役立ちます, しかし、ファイルが大きいため, ダウンロードに時間がかかる場合があります. nnこのポリシー設定を有効にした場合, 完全なシグニチャセットがダウンロードされます。nnこのポリシー設定を無効にするか、構成しない場合, デフォルトでは、更新された署名のみがダウンロードされます。」
EnableLoggingForKnownGood = "既知の正常な検出のログを有効にする"
EnableLoggingForKnownGood_Explain =“ Windows Defenderが既知の正常なファイルを検出したときに、リアルタイム保護中にログ検出データを有効にします. ロギング検出は、監視しているコンピューターで実行されているプログラムに関する詳細情報を提供します。nnこのポリシー設定を有効にした場合, 正常なファイルがログに記録されます。nnこのポリシー設定を無効にするか、構成しない場合, デフォルトでは、既知の正常なファイルはログに記録されません。nnこのポリシー設定を有効にすると、ログに記録されるイベントの数が増える可能性があります。」
EnableLoggingForUnknown =「不明な検出のログ記録を有効にする」
EnableLoggingForUnknown_Explain =“ Windows Defenderが不明なファイルを検出したときに、リアルタイム保護中にログ検出を有効にします. ロギング検出は、監視しているコンピューターで実行されているプログラムに関する詳細情報を提供します。nnこのポリシー設定を有効にするか、構成しない場合, デフォルトでは、不明なファイルがログに記録されます。nnこのポリシー設定を無効にした場合, 不明なファイルはログに記録されません。nnこのポリシー設定を有効にすると、ログに記録されるイベントの数が増える可能性があります。」
SpyNetReporting = "MicrosoftSpyNetレポートの構成"
SpyNetReporting_Explain =“ Microsoft SpyNet.nnのメンバーシップを調整しますMicrosoftSpyNetは、潜在的なスパイウェアの脅威に対応する方法を選択するのに役立つオンラインコミュニティです。. コミュニティはまた、新しいスパイウェア感染の拡大を阻止するのに役立ちます。nnこれがどのように機能するかです. Windows Defenderが、リスクについてまだ分類されていないソフトウェアまたはソフトウェアによる変更を検出した場合, 他のメンバーがアラートにどのように応答したかがわかります. 順番に, 適用するアクションは、他のメンバーが応答方法を選択するのに役立ちます. あなたの行動は、マイクロソフトが潜在的な脅威を調査するソフトウェアを選択するのにも役立ちます. 検出されたソフトウェアに関する基本情報または追加情報を送信することを選択できます. 追加情報は、WindowsDefenderの動作を改善するのに役立ちます. 含めることができます, 例えば, 有害なソフトウェアが削除された場合のコンピューター上の検出されたアイテムの場所. Windows Defenderは、情報を自動的に収集して送信します。nnこのポリシー設定を有効にして、ドロップダウンリストから[メンバーシップなし]を選択した場合, SpyNetメンバーシップは無効になります. この設定で, 情報はマイクロソフトに送信されません. Windows Defenderがコンピューターで実行されている未分類のソフトウェアを検出しても、アラートは表示されません。. ローカルユーザーはSpyNetメンバーシップを変更できません。nnこのポリシー設定を有効にして、ドロップダウンリストから[基本]を選択した場合, SpyNetメンバーシップは「基本」に設定されています. この設定で, 検出されたアイテムと適用するアクションに関する基本情報は、オンラインコミュニティと共有されます. Windows Defenderがまだリスクに分類されていないソフトウェアを検出した場合、アラートは表示されません。nnこのポリシー設定を有効にして、ドロップダウンリストから[詳細]を選択した場合, SpyNetメンバーシップは「詳細」に設定されています. この設定で, 検出されたアイテムに関する選択と追加情報を送信します. 分類されていないソフトウェアによるコンピューターへの変更をWindowsDefenderが検出したときにアクションを実行できるように、アラートが表示されます. 変更を許可またはブロックするという決定は、MicrosoftがWindows Defenderの新しい定義を作成し、有害なソフトウェアをより適切に検出するのに役立ちます. 場合によっては, 個人情報が送信される場合がありますが、連絡に情報は使用されません。nnこのポリシー設定を無効にするか、構成しない場合, デフォルトでは、SpyNetメンバーシップは無効になっています. この設定で, 情報はマイクロソフトに送信されません. Windows Defenderがコンピューターで実行されている未分類のソフトウェアを検出しても、アラートは表示されません。. ローカルユーザーは引き続きSpyNetメンバーシップを変更できます。」
SpyNetReporting_DropDownList =“ Microsoft SpyNet Membership”
SpyNetReporting_DropDownList_Disabled =“メンバーシップなし”
SpyNetReporting_DropDownList_Basic =“ Basic”
SpyNetReporting_DropDownList_Advanced =“ Advanced”
CheckAlternateDownloadLocation =「WSUSとWindowsUpdateの両方を介して定義の更新をオンにする」
CheckAlternateDownloadLocation_Explain =“このポリシー設定を使用すると、ローカルで管理されているWindows Server UpdateServicesのときにWindowsUpdateからの定義の更新を確認してインストールするようにWindowsDefenderを構成できます。 (WSUS) サーバーは使用できません。nnWindowsDefenderは、自動更新クライアントを使用して定義の更新をチェックします. 自動更新クライアントは、パブリックWindows UpdateWebサイトまたはローカルで管理されているWSUSサーバーをチェックするように構成できます。. コンピューターが内部WSUSサーバーに接続できない場合, ポータブルコンピュータが企業ネットワークの外部をローミングしている場合など, Windows Defenderは、Windows Updateをチェックして、定義の更新がこれらのローミングマシンに配信されることを確認するように構成できます。nnこのポリシー設定を有効にするか、構成しない場合, デフォルトでは、WindowsDefenderはWindowsUpdateからの定義の更新をチェックします, ローカルで管理されているWSUSサーバーへの接続が失敗した場合。nnこのポリシー設定を無効にした場合, Windows Defenderは、ローカルで管理されているWSUSサーバーでのみ定義の更新を確認します, 自動更新クライアントがそのように構成されている場合。nn」
WindowsXP =「MicrosoftWindowsXP以降」
GPOnly =「サポートされていない管理用テンプレート」
GPOnlyPolicy =“ EZ_GPO.adm”
EZ_GPO =「環境保護庁によるEZGPO」
MONITOR_PM =“ PC Power Management”
BASE_CFG =“基本オプション”
BASE_CFG_EXP =“これらは、プログラムが機能するための基本構成設定です。. 何をしているのかわからない場合は、これを有効にして、すべてのデフォルトを選択する必要があります. 詳細については、ドキュメントを参照してください。」
OPTIONS =“オプション”
OPTIONS_EXP =“セキュリティバイパスという名前の最初のオプション (NB: ユーザーベースのみで、コンピューターポリシーハイブの下にはありません) 電力管理設定を変更するためにツールに課せられたハードコードされた制限をバイパスするようにツールに指示します. 詳細についてはドキュメントを参照してくださいが、ユーザーがuserまたはguestタイプの場合にのみ必要です。. ノート, これは安全オーバーライドです (rm ‑fのように) そして実際には不十分な権利のユーザーを与えません, PM設定を変更する機能. 2番目のオプション, 強制スタンバイ, S3対応のマシンでシステムスタンバイを有効にするツールのデフォルトの動作を上書きします (ACPI ver.2) 以上. このオプションを有効にすると、ツールは以前のACPIおよびAPM2対応マシンでスタンバイを設定できるようになります. これは、デスクトップではなくS3対応でないラップトップでスタンバイがより適切に機能するため、Intelまたはラップトップが重い環境ではない場合に役立ちます。.
SettingsSchemeSimpleIndex =“ Simple Settings Scheme”
SETTINGS_SCHEME_SIMPLE =“単純なスキーム”
SETTINGS_SCHEME_SIMPLE_EXP =“これは利用可能な最も基本的な設定スキームです. 各設定は、0〜300分の範囲に設定できます。 0 =「決して」. NB: ハイバネーションは、システムスタンバイよりも高くするか、に設定する必要があります 0. システムスタンバイと同じになることはありません。」[/XML]

私たちが何かを逃したと思います? 私たちは以下のコメントで教えてください. あなたが購読したい場合は、右上のメニューで購読リンクをご利用ください. また、下記の社会的なリンクを使用してお友達とこれを共有することができます. 乾杯.

返信を残す