0スクリプトで Windows デスクトップ スライドショーを有効にする

最近、無人 Windows 展開セットアップを更新しています。, 有効にしたかったものの 1 つは、場所がサーバー上の壁紙の場所に設定されたスライドショーの壁紙でした. これは本来あるべきほど簡単ではありません, しかし、少しいじった後、私はそれをかなり簡単に行う方法を見つけました.

2 parts are neede — a reg script and copy­ing a file (which I do via a self-extract­ing archive file).

reg スクリプトは次のとおりです。

Windowsレジストリエディタバージョン 5.00

[HKEY_CURRENT_USERControl PanelPersonalizationDesktop Slideshow]
"間隔"=ワード:000927c0
"シャッフル"=ワード:00000001

[HKEY_CURRENT_USERSOFTWAREMicrosoftWindowsCurrentVersionExplorerWallpapers]
"SlideshowSourceDirectoriesSet"=ワード:00000001
"背景タイプ"=ワード:00000002
"SlideshowDirectoryPath1"="/長いランダムに見える文字列はここに行きます"

Note — you will need to set up the slideshow with the cor­rect path on one of your パソコン and then export the value for “SlideshowDirectoryPath1” from your registry for this to work

2 番目の部分は、slideshow.ini というファイルをコピーすることです。 (also after set­ting up your own slideshow) 住んでいる %appdata%\Microsoft\Windows\Themes

The con­tents of this file con­tain an encoded ref­er­ence to the loc­a­tion of your slideshow I believe.

Once you have copied the file and impor­ted the reg file you just need to restart explorer or wait for the inter­val peri­od to pass (私のはに設定されています 10 分) and I have shuffle turned on — your val­ues may be dif­fer­ent if you set them dif­fer­ently and export the changed val­ues from the registry

I have put my slideshow.ini into a self-extract­ing exe that extracts to (そして静かに上書き) %appdata%\Microsoft\Windows\Themes. 次に、私の 2 com­mands using the fol­low­ing Syn­chron­ousCom­mands in my ImageUnattend.xml

<同期コマンド wcm:アクション="加える">
  <注文>6</注文>
  <説明>スライドショーの場所を設定</説明>
  <コマンドライン>C言語:\extrasslideshow.exe</コマンドライン>
</同期コマンド>
<同期コマンド wcm:アクション="加える">
  <注文>7</注文>
  <説明>スライドショーを有効にする</説明>
  <コマンドライン>C言語:\extraselevate -c reg import c:\extrasslideshow.reg</コマンドライン>
</同期コマンド>

For more inform­a­tion about my use of the com­mand “elev­ate” and hav­ing files in the c:\extras folder please read my pre­vi­ous art­icle about how I used a “予約された DHCP 名に基づいて PC の名前を変更するバッチ スクリプト

私たちが何かを逃したと思います? 私たちは以下のコメントで教えてください. あなたが購読したい場合は、右上のメニューで購読リンクをご利用ください. また、下記の社会的なリンクを使用してお友達とこれを共有することができます. 乾杯.

返信を残す